【石井裕也監督】映画まとめ|あらすじ・レビュー・動画配信情報

【石井裕也監督】映画まとめ|あらすじ・レビュー・動画配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、石井裕也監督作品映画&当サイト内関連記事をまとめています。

石井裕也監督作品の映画一覧

みるみる
みるみる

石井裕也監督が撮影した映画一覧です。
ボタンクリックであらすじ・レビュー・動画配信情報がご覧いただけます。

作品名(公開年) 作品情報 動画
アジアの天使 (2021年) ーーー ーーー
茜色に焼かれる (2021年) ーーー ーーー
生きちゃった  (2020) 作品情報 動画
町田くんの世界  (2019) 作品情報 動画
夜空はいつでも最高密度の青色だ  (2017) 作品情報 動画
ぼくたちの家族  (2014) 作品情報 動画
バンクーバーの朝日  (2014) 作品情報 動画
舟を編む  (2013) 作品情報 動画
ハラがコレなんで  (2011) 作品情報 動画
あぜ道のダンディ (2011年) ーーー ーーー
川の底からこんにちは  (2010) 作品情報 動画
君と歩こう (2009年) ーーー ーーー
ばけもの模様 (2007年) ーーー ーーー
ガール・スパークス (2007年) ーーー ーーー
反逆次郎の恋 (2006年) ーーー ーーー
剥き出しにっぽん (2005年) ーーー ーーー

石井裕也監督映画【生きちゃった】(2020)

石井裕也監督映画【生きちゃった】
出演者
仲野太賀 大島優子 パク・ジョンボム 毎熊克哉 太田結乃 柳生みゆ レ・ロマネスク(TOBI MIYA) 芹澤興人 北村有起哉 原日出子 鶴見辰吾 伊佐山ひろ子 嶋田久作 若葉竜也

【生きちゃった】レビュー:報われない、どうしようもない男の奮闘劇(☆4.0/5.0)

石井裕也監督映画【生きちゃった】の感想妻の不倫を目撃したことから始まる1人の男性の物語です。
仕事もそれなりにこなして、家に帰れば妻と娘がいて、一般的な幸せな家庭で、何不自由無く暮らしてきた毎日がある日突然ガタガタと音を立てて崩れ始めていく様子がとてもリアルでした。

不倫を機に自分とその周りの物事が全て狂っていく、なのに自分は悲しくて泣き叫ぶわけでもなく、ただ毎日同じことを繰り返すだけ。
そんなシーンがとても人間らしくて共感出来ました。

全てを失ってもなお生きていたい、守りたいものがある、それを伝えたい相手がいる、そんなラストシーンはとても力強くて、気付けば涙が出てしまいました。


(いけだ・23歳・フリーター)

↓↓【生きちゃった】作品情報↓↓

石井裕也監督映画【町田くんの世界】(2019)

石井裕也監督映画【町田くんの世界】
出演者
細田佳央太 関水渚 岩田剛典 高畑充希 前田敦子 太賀 池松壮亮 戸田恵梨香 佐藤浩市 北村有起哉 松嶋菜々子 日比美思 土屋アンナ 酒向芳 前田航基 佐田真由美 笛木優子 立石ケン 大鷹明良 中野英樹

【町田くんの世界】レビュー:細田佳央太さんの映画初主演作!(☆3.5/5.0)

石井裕也監督映画【町田くんの世界】の感想今作は細田佳央太さんと関水渚さんがオーディションで選ばれ初主演になった作品です。
二人の演技派当時無名だったとは思えないほど自然で他の豪華キャストに全く引けを取っていませんでした。

原作ファンなのですが町田くんの優しい雰囲気、隠れイケメンなところが細田さんにぴったりだと思いました。
また、豪華キャストの中でも前田敦子さんの脱力系な友人の役がすごくハマっていたと思います。

話の展開は結構原作から逸脱していてファンタジー要素が次第に強くなっていったところは少し残念だったと思います。
それでもキャストの自然な演技によって原作の世界観が壊されなかったのは素晴らしいです。


(SU・29歳・専業主婦)

【町田くんの世界】レビュー:ピュア過ぎてほっこり(☆4.5/5.0)

石井裕也監督映画【町田くんの世界】の感想困った人に自然と手を差し伸べ自分のことなど二の次三の次という程に親切で、人間愛に溢れていてピュア過ぎる高校生の町田くんが、人が嫌いだという同級生の女の子と出会うことで、今まで味わったことのない感情を覚え葛藤していく様子が面白くも感動する作品でした。

ファンタジー要素が強くありえないようなシーンもありましたが、それでも町田くんの世界観に引き込まれて、見終わった後は空を見上げたら町田くんが風船と一緒に飛んでいるのではないかと期待してしまうような不思議な気持ちになりました。

ほっこり笑える素敵な作品でした。


(ありー・33歳・会社員)

↓↓【町田くんの世界】作品情報↓↓

石井裕也監督映画【夜空はいつでも最高密度の青色だ】(2017)

石井裕也監督映画【夜空はいつでも最高密度の青色だ】
出演者
石橋静河 池松壮亮 松田龍平 市川実日子 田中哲司 佐藤玲 三浦貴大 ポール・マグサリン 大西力 野嵜好美 佐藤菜月 正名僕蔵 田島令子 伊佐山ひろ子

↓↓【夜空はいつでも最高密度の青色だ】作品情報↓↓

石井裕也監督映画【ぼくたちの家族】(2014)

石井裕也監督映画【ぼくたちの家族】
出演者
妻夫木聡 池松壮亮 原田美枝子 長塚京三 黒川芽以 佐々木勝彦 梅沢昌代 ユースケ・サンタマリア 鶴見辰吾 板谷由夏 市川実日子 芹澤興人

【ぼくたちの家族】レビュー:家族の大切さが伝わりました!(☆5.0/5.0)

ぼくたちの家族(石井裕也監督)の感想妻夫木聡さんの演技力がとても素晴らしく感じられました。
玲子が末期の脳腫瘍で余命1週間ということで、大変な状況。
浩介が玲子と過ごせる時間をしっかりと把握して時間を大事にして最後まで一緒にいてあげてほしいと思いました。

母親の病気がきっかけで、家族が一つになる。
家族との時間を大事にしたいと考えられる方には、おすすめできる映画だと思いました。


(レル・33歳・会社員)

↓↓【ぼくたちの家族】作品情報↓↓

石井裕也監督映画【バンクーバーの朝日】(2014)

石井裕也監督映画【バンクーバーの朝日】
出演者
妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔 池松壮亮 佐藤浩市 高畑充希 宮﨑あおい 貫地谷しほり 石田えり ユースケ・サンタマリア 鶴見辰吾 本上まなみ 光石研 田口トモロヲ 徳井優 大鷹明良 岩松了 浜田道彦 大杉漣 田島令子 藤村周平 芹澤興人 阿部亮平 武子太郎 溜口佑太朗 南好洋 鏑木海智 伊藤克信

【バンクーバーの朝日】レビュー:日本人の不屈の精神はどんな歴史にも、環境にも負けない!(☆4.0/5.0)

石井裕也監督映画【バンクーバーの朝日】の感想野球と歴史が好きなので映画を見に来ました。
戦争中に外国でこんなに苦労をした日本の人たちがいたなんて知らなくてショックでした。
でもあんな苦境な中でも、野球という夢を持ち楽しみを見つけ、あきらめず野球というものを通じで外国の人たちを翻弄させる日本人の知恵や根性にとても感動をしました。

体やパワーや不利な境遇にも負けない人たちがいたらからこそ、今の私たちがいるのだなと思いました。
出演者の亀梨さんや上地さんは野球経験者ということもあってプレーシーンは本格的でよかったです。


(ユキ・51歳・会社員)

↓↓【バンクーバーの朝日】作品情報↓↓

石井裕也監督映画【舟を編む】(2013)

石井裕也監督映画【舟を編む】
出演者
松田龍平 宮﨑あおい オダギリジョー 黒木華 渡辺美佐子 池脇千鶴 鶴見辰吾 伊佐山ひろ子 八千草薫 小林薫 加藤剛 宇野祥平 森岡龍 又吉直樹 斎藤嘉樹 波岡一喜 麻生久美子 鈴木晋介 外波山文明 並樹史朗 大鷹明良 東加奈子 中別府葵 藤間あゆ美 山谷花純

【舟を編む】レビュー:辞書作りの魅力が満載(☆5.0/5.0)

石井裕也監督映画【舟を編む】の感想この作品で辞書作りの大変さというものを初めて知り、何年もかけて熱い想いを抱きながら作っている姿に感動しましたし驚かされました。

そして、当時の人達が感じていた思いが辞書になって何十年何百年先に残っていくというのは、なんだかとてもロマンがある素敵なことだと改めて感じ、見ていて胸が熱くなりました。

喋るのが苦手な松田龍平さん演じる馬締さんが辞書を作るために一生懸命に頑張る姿は、見ていて応援したくなりましたし、宮崎あおいさん演じる香具矢とのシーンも素敵でした。


(ありー・33歳・会社員)

↓↓【舟を編む】作品情報↓↓

石井裕也監督映画【ハラがコレなんで】(2011)

石井裕也監督映画【ハラがコレなんで】
出演者
仲里依紗 大野百花 中村蒼 鈴木励和 石橋凌 稲川実代子 並樹史朗 竹内都子 近藤芳正 螢雪次朗 斉藤慶子 瀧川鯉昇 戸次重幸 森岡龍

↓↓【ハラがコレなんで】作品情報↓↓

石井裕也監督映画【川の底からこんにちは】(2010)

石井裕也監督映画【川の底からこんにちは】
出演者
満島ひかり 遠藤雅 相原綺羅 志賀廣太郎 岩松了 並樹史朗 稲川実代子 猪股俊明 鈴木なつみ 菅間勇 牧野エミ 工藤時子 安室満樹子 しのへけい子 よしのよしこ 目黒真希 森岡龍 廣瀬友美 山内ナヲ 丸山明恵 潮見諭 とんとろとん

【川の底からこんにちは】レビュー:社歌がヘビロテ!!(☆3.5/5.0)

石井裕也監督映画【川の底からこんにちは】の感想タイトルからしてお堅い映画だと思う人はいないでしょうが、想像以上に笑ったうえに、爽快感も得ました。

どんよりとした日々が描かれる序盤はインディーズ感が満載で、この雰囲気を受け付けない人も多いかもしれません。
しかし佐和子と木村水産のおばちゃんたちが団結してからの展開は、躍動感と力強さを感じさせてくれます。

特に木村水産の皮肉溢れる社歌にハマりました。
あのコミカルなメロディと、キャストが無表情で歌う姿を思い出すだけで元気が出ます。


(ガレット・42歳・フリーランス)

【川の底からこんにちは】レビュー:役者の演技が面白い!(☆5.0/5.0)

石井裕也監督映画【川の底からこんにちは】の感想やはり、満島ひかりさんの演技は素晴らしいですし、観ていて面白いなと感じた作品です。
この作品を観たら満島さんの他の作品も観たくなってしまうほどハマりました。

日常的な自分自身のやるせない思いなどを佐和子に重ね合わせながら、笑ったりしながら、この作品を観た後は、なんだかスッキリした気持ちになりました。

豪華な演出のある作品も好きですが、このような身近に感じれる作品は、寄り添ってくれる感があり、良かったです。


(よりこ・32歳・フリーランス)

↓↓【川の底からこんにちは】作品情報↓↓

石井裕也プロフィール

  石井裕也 (いしいゆうや)
誕生日 1983年6月21日
星座 ふたご座
血液型  
出身地 埼玉
公式サイト 【ブレス・チャベス】石井裕也公式サイトプロフィール

石井裕也出演映画一覧