映画【海辺の生と死】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【海辺の生と死】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画海辺の生と死】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【海辺の生と死】フル動画配信情報

映画【海辺の生と死動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【海辺の生と死】を無料視聴できますよ。

みるみる
みるみる

こちらは2020年7月10日時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。

配信会社 【海辺の生と死】配信状況 動画
配信あり(見放題) 動画
配信あり(※要ポイント) 動画
配信あり(※要料金) 動画
配信なし  
配信あり(見放題) 動画
配信あり(※要ポイント) 動画
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税抜)
公式サイト
無料お試し期間
14万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
U-NEXT
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,417円
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円(税込)
Amazonプライム
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ・見逃し配信
933円
Hulu 
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
500円
 dTV
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300P取得可能
888円
 【フジテレビオンデマンド】
AmazonPay&クレカで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【海辺の生と死】のあらすじ

1945年。第2次世界大戦末期。
奄美群島の加計呂麻島にある小さな集落に、朔中尉(永山絢斗)率いる海軍特攻艇の部隊が赴任してきた。

島のこどもたちに慕われ、隊員たちと酒を飲んで騒ぐよりも、島唄を歌うなどして島に溶け込もうとする朔の姿に対し、国民学校教師のトエ(満島ひかり)は好意をもつようになっていった。

そんなある日、トエは朔から一通の手紙を受け取る。
今夜9時頃浜辺に来て欲しいというその内容に、トエは胸を高鳴らせるのだった。

映画【海辺の生と死】の見どころ

みるみる
みるみる

「死の棘」などの島尾敏雄による小説「島の果て」と、妻であり作家の島尾ミホによる「海辺の生と死」との2作を基に、越川道夫の監督・脚本によって映画化した作品です。

太平洋戦争末期の離島を舞台に、島に駐屯する海軍特攻艇部隊の隊長と国民学校の教師とが激しい恋におちる様子を描いたラブストーリーとなっています。

舞台となる奄美群島加計呂麻島の美しい景色が印象的です。

みるみる
みるみる

タイトルに「生と死」とありますが、恋模様が主題なのでそちらを期待してみることをお勧めします。

【海辺の生と死】
フル動画を観る

映画【海辺の生と死】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【海辺の生と死】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

戦争を美化している

さわ・44歳・フリーランス
さわ・44歳・フリーランス

今は懐かしい昭和のシルエットがなぜか似合うのが満島ひかりさんの魅力なのかもしれません。
子供たちもアニメのコボちゃんのようなファッションです。

沖縄の自然の恵み自然の雄大さに癒されます。
生と死は直面した人しかわからないのか?少し美化しすぎているようにも思えます。
若いふたりの愛は愛くるしいものです。

戦争とは憎いものです。
戦争がないからと恋や人生が平和とも限らないのかもしれないと実感を覚えるのが私です。
今の時世も健康が大切で絆が大事です。
そして平和な社会であってもらいたいと願います。

評価は⇒
(3.5)

死と隣合わせで愛し合うとは

あーちゃん・26歳・会社員
あーちゃん・26歳・会社員

とても静謐で、だからこそ、胸に迫ってくる圧巻映画でした。

感動や驚きなどの結末が必要無いと思わせてくれた映画は、これが初めてです。

戦時中の沖縄にやって来た兵士と、地元民の女性の「終わりが見えている恋」のお話です。
「終わり」とはつまり「死」を指します。

現代は、死なんか意識せずに好きな人と愛し合うことができますが、戦時中はいつも「会えなくなること」が付きまといます。
そのような歴史がつい最近まであったという史実にも深く考えさせられる映画でした。

評価⇒
(3.5)

生と死を彩る自然の営み

とし・68歳・会社員
とし・68歳・会社員

この映画は奄美人間の生と死を題材に、奄美の自然の中での、人間と自然の営みを描いた一遍の詩の様な作品である。

国民学校教師のトエと将校の朔の出会いと戦時の運命にもまれて行く様子を描いている。
寄せては返す波の音、ふくろうや鳥の鳴き声、緑のざわめき、素朴な島歌などが彩りを添える。

戦争とは何なのか、人を愛するとは何なのか人生とは何なのかと言う事を問いかけてくる。

セリフの間合いが長いのが気にかかるが、むしろそれが、島の時間の長さにリアリティを持たせている。
人生の短さと相まって考えさせらる。

評価は⇒
(4.0)

映画【海辺の生と死】キャスト・作品情報

映画【海辺の生と死】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2017年 製作国:日本 上映時間:155分

《監督》

越川道夫

《原案》

島尾ミホ『海辺の生と死』
島尾敏雄『島の果て』ほか

《脚本》

越川道夫

《キャスト》

満島ひかり 永山絢斗 川瀬陽太 井之脇海 津嘉山正種 秦瀬生良 蘇喜世司

【海辺の生と死】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です