映画【重力ピエロ】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【重力ピエロ】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画重力ピエロ】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【重力ピエロ】フル動画配信情報

映画【重力ピエロ動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【重力ピエロ】を無料視聴できますよ。

みるみる
みるみる

こちらは2020年4月25日時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。

配信会社 【重力ピエロ】配信状況 動画
配信あり(見放題) 動画
配信なし・DVDレンタルあり 動画
配信あり(見放題) 動画
配信なし  
配信なし  
配信なし  
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税抜)
公式サイト
無料期間
14万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
U-NEXT
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,417円
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円(税込)
Amazonプライム
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
933円
Hulu 
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
500円
 dTV
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300ポイント付
888円
 【フジテレビオンデマンド】
AmazonPayで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【重力ピエロ】のあらすじ

兄の泉水(加瀬亮)と弟の春(岡田将生)は仲の良い兄妹だった。
泉水は、大学院で遺伝子の研究をしており、春には絵の才能があり、自分はピカソの生まれ変わりだと言っている。

母親のの梨江子(鈴木京香)は、事故により他界していたが、父・奥野正志(小日向文世)との関係も良好で、仲の良い家族だった。

そんな2人が住む街で、謎の連続放火事件が発生する。
春は、連続放火事件に“ある法則”があることに気づき、泉水を誘って事件解決を試みる。
しかし、事件を調べれば調べるほど、家族の禁断の秘密に近づいていくことに。

映画【重力ピエロ】の見どころ

みるみる
みるみる

原作は人気作家の伊坂幸太郎による小説で、「春が二階から落ちてきた」という印象的な書き出しでもよく知られています。

本作は、どうにもならない悪意によって起こった事件の前で人はどう生きていくことができるのか、その悪意から逃れることはできるのかということが大きなテーマとして描かれており、その中でも変わることのない父親の正志を中心とした強い家族愛が見どころの一つです。

春を演じる岡田将生さんは、この作品の後、少し情けないキャラクターを演じることも増えていきますが、本作においてはクールで万能でモテる男性像を見事に演じています。

みるみる
みるみる

春のストーカーを演じる吉高由里子さんもいい味出してます😅

【重力ピエロ】
フル動画を観る

映画【重力ピエロ】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【重力ピエロ】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

ミステリーとヒューマンドラマのどちらの要素も濃密な作品

くれこ・40歳・フリーランス
くれこ・40歳・フリーランス

ミステリーとヒューマンドラマのどちらの要素も濃密な作品でした。

じわりじわりと謎が解き明かされていくため、ミステリーとしては爽快さを感じさせてくれるのですが、答えが犯人へ近づく度に悲しい現実が浮かび上がってくるため、胸がぎゅっと締めつけられました。

忌まわしい過去や苦しい現実に悩みながらも、愛情にあふれた奥野家に涙が止まりませんでした。
どんなに辛いことがあっても、帰れる家があるっていいなぁ…としみじみ。羨ましいです。
ヒューマンドラマとしても非常に見応えのある作品です。

評価は⇒
(4.0)

後半にかけて様々な伏線が回収されていく

むううちゃん・29歳・パート主婦
むううちゃん・29歳・パート主婦

元々原作(伊坂幸太郎さんの小説)ファンです。
地味でまじめな兄(泉水)を演じる加瀬亮さん、女性にもてるイケメンな弟(春)を演じる岡田将生さん、どちらも原作のイメージ通りでぴったりでした。
2009年の作品なので、お二人ともお若いですね。

複雑で割と暗い過去を持っているこの家族ですが、二人の兄弟愛がさり気なく、だけど深く絶妙な感じで描かれています。

ミステリー的な要素もあり、後半にかけて様々な伏線が回収されていく様子は観ていて「そういうことか!」と驚くこともありました。

重い内容も多々ありますが、観た後気持ちが重くなることは無く、この映画の余韻に浸れます。

評価は⇒
(4.0)

原作ファンも納得!伊坂幸太郎作品の世界観が表現されている

さいこ・30歳・販売員
さいこ・30歳・販売員

この作品は元々原作が大好きでした。
原作ファンだと実写化に対してはやはりどれだけ役者さんが素晴らしくても好きな役者さんであっても不安になるものです。

ですが、こちらは伊坂幸太郎さんの作品を読んだときに生まれるほわんと、もやがかかったような何とも言えない不思議な世界観がちゃんと残っていて感動しました。

サスペンスでお世辞にも穏やかとは言えない内容なのに、なぜか心が落ち着くのは伊坂幸太郎さんならではで、もちろんそこが好きなのですが、実写化でその部分が表現されているのは本当に素晴らしかったです。

評価は⇒
(5.0)

3日連続で映画館で観た!岡田将生キャリア史上一番の適役

junoko・27歳・会社員
junoko・27歳・会社員

公開当時、3日連続で映画館で観るというくらい個人的にハマった作品です。

兄弟愛と家庭の心地よさ、平和さの根底には弟の出生にまつわる暗い影があり、そのコントラストがこの作品の魅力です。
伊坂幸太郎原作のため、ミステリー作品としても抜群の面白さです。

環境か遺伝子か。
観客の私たちに問いかけてくるテーマです。
岡田将生の役柄は今のところ、彼のキャリア史上で一番の適役だったのではないかと思うくらいカリスマ性と美しさと脆さと凶暴さを秘めた魅力的な人物となっています。

劇中に登場する「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい」というガンジーの言葉がずしんと胸にきて、爽やかなラストは生きていく希望を強く感じました。

評価は⇒
(5.0)

過去と向き合う意味、家族とは何かを教えてくれる作品

はるな・23歳・学生
はるな・23歳・学生

ある事件を通して、家族が過去の出来事と向き合っていく映画。

一人称の主観だけでなく、家族それぞれの視点で過去の記憶と向き合う心情が表現されていてとても良かった。

家族だからこそ互いに思いやったり、理解してほしいという気持ちが生まれるが、その中で家族を大切にするが故に衝突やすれ違いが起こってしまうことがすごく分かると思った。

過去と向き合うことの意味や家族とは何かということを教えてくれる作品だと思う。
見る価値あり。

評価は⇒
(4.0)

映画【重力ピエロ】キャスト・作品情報

映画【重力ピエロ】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2009年 製作国:日本 上映時間:119分

 

《監督》

森淳一

《原作》

伊坂幸太郎

《脚本》

相沢友子

 

《キャスト》

加瀬亮 岡田将生 小日向文世 吉高由里子 岡田義徳 渡部篤郎 鈴木京香

【重力ピエロ】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です