映画【武士の家計簿】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【武士の家計簿】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画武士の家計簿】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【武士の家計簿】フル動画配信情報

映画【武士の家計簿動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【武士の家計簿】を無料視聴できますよ。

みるみる
みるみる

こちらは2020年6月25日時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。

配信会社 【武士の家計簿】配信状況 動画
配信あり(見放題) 動画
配信なし・DVDレンタルあり 動画
配信あり(見放題) 動画
配信なし  
配信なし  
配信なし  
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税抜)
公式サイト
無料お試し期間
14万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
U-NEXT
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,417円
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円(税込)
Amazonプライム
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ・見逃し配信
933円
Hulu 
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
500円
 dTV
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300P取得可能
888円
 【フジテレビオンデマンド】
AmazonPay&クレカで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【武士の家計簿】のあらすじ

江戸時代後期の加賀藩。
御算用者(会計係)を務める下級武士猪山直之(堺雅人)は、算術に関しては飛び切り優れているが真面目過ぎて融通の利かないところが玉に瑕。

そんな直之が、嫁(お駒:仲間由紀恵)をもらい長男直吉の袴着の儀を迎えたころ、猪山家の財政が火の車であること気付く。

家計を立て直すことに決めた直之は、家財道具の殆どを処分して借金の返済にあて、家族が一丸となっての倹約生活が始まる。
そして、直之はわずか4歳の息子直吉にも算術を教え家計簿を付けさせるのだが、幼い直吉は父直之の非情なやり方に反発を感じ……。

映画【武士の家計簿】の見どころ

みるみる
みるみる

実在した武士がモデルになっている『武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新』(磯田道史著)が原作で、「家族ゲーム(1983年)」や「失楽園(1997年)」などで知られる森田芳光監督(2011年没)が映画化しました。

みるみる
みるみる

映画の中で表現されている江戸後期の武士の生活の細かな部分、猪山家の倹約生活の前と後での朝夕の食事・着物・弁当・遊び道具などの変化、貧困生活の中での工夫、そして直之(堺雅人)が厳しさの中に時折見せる家族への愛情が見どころです。

【武士の家計簿】
フル動画を観る

映画【武士の家計簿】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【武士の家計簿】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

刀を持たない武士を描いた先駆け映画

391・40歳・フリーランス
391・40歳・フリーランス

剣術や戦以外にも武士の業務があったというシチュエーションの映画を最近よく見かけますが、この作品がその類の先駆けになったような気がします。

実際私は「御算用者」という職務を請け負っていた武士がいたことを、この作品で初めて知りました。
そのためこの設定にも飽き飽きとすることなく、ふむふむと頷いてしまうことの方が多かったです。

それに刀を武器にしない武士の猪山役に、堺雅人さんの穏やかな雰囲気がとてもハマっていました。

朴訥とした猪山が、祝言の際に妻になるお駒の顔を照れて見ることも出来ないシーンが、猪山の性格を何よりも表していて、とても微笑ましかったです。
この映画の一番のお気に入りシーンです。

評価は⇒
(3.5)

淡々としすぎていましたが、それはそれで楽しめました

めるる・52歳・会社員
めるる・52歳・会社員

堺雅人さん主演、今は亡き森田芳光監督がメガホンを握ったこの作品。

「そろばんバカ」と呼ばれた下級武士がパチパチそろばんを弾き、淡々と進む映画でした。

そんな中、夫を支える仲間由紀恵が演じる妻の存在は美しく華やかで、下級武士の妻というより、藩主の正室という方が似合っていると感じました。

もっと波乱万丈の展開を期待したのですが、普通の日常を描写するシーンばかりでワクワク感には欠けました。
しかし、リアリティはあり、「当時の生活を忠実に描いているんだろうな」と感じました。

評価は⇒
(3.5)

こんな武士がいたとは

あゆみ・52歳・主婦
あゆみ・52歳・主婦

実話がもとになっているとのことですが、よく地味なそろばん侍を主人公に映画化したものだと感心してしまいました。

武士というとお金に疎いというイメージがありましたが、こういう武士がいたからこそ成り立っていたことが良く伝わって来ました。

奥さんの存在がとてもよく旦那さんの支える奥さんの姿が、美しく感じました。
現在にも通ずる部分もあり見ていて勉強になりました。たんたんと進みストーリーが楽しむことが出来ました。

評価は⇒
(4.5)

淡々としていた

まい3・36歳・主婦
まい3・36歳・主婦

武士だけど剣ではなく、そろばんっ出ていう触れ込みでコメディかなと思っていたら、淡々とした映画でした。
私は経理は苦手だし、見ていると身をつまされる感じでした。

堺直人さんは、淡々とした役もよく似合うなと思いました。
父の借金のせいですが、父はいい加減すぎです。
こんな人がいると困るけど、あんまり金にせこせこもできなかったのかもしれません。
格別、面白いということもなかったですが、いろいろと気づきのある映画でした。

評価は⇒
(3.0)

堺雅人さん出演らしいユーモアのある作品

miffy_03・45歳・パート
miffy_03・45歳・パート

激動の幕末時代に過ごした下級武士の日常がユーモアを交えながら描かれた映画「武士の家計簿」。

なかでも印象的なシーンは、藩の財政を切り盛りする御算用者ならではの堺雅人さん演じる猪山直之が、息子の着袴のお祝いで親戚一同を招いた時のこと。

お祝いの膳にのせる塩焼き用の鯛が買えず、鯛の絵で祝い膳を代用するという発想に、度肝をぬかされ笑えた忘れられないシーン。

こんな風にどんな状況下においてもその時できることを考え、楽しく生活を彩れることが素敵だなと感じた心温まる作品だ。

評価は⇒
(4.0)

映画【武士の家計簿】キャスト・作品情報

映画【武士の家計簿】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2010年 製作国:日本 上映時間:129分

《監督》

森田芳光

《原作》

磯田道史

《脚本》

柏田道夫

《キャスト》

堺雅人 仲間由紀恵 伊藤祐輝 大八木凱斗 桂木悠希 濱田帆乃果 林素矢 藤井美菜 荒田悠良 松坂慶子 草笛光子 中村雅俊 西村雅彦 嶋田久作 山中崇 井手浩一朗 宮川一朗太 小木茂光 茂山千五郎 ヨシダ朝 佐藤恒治 魁三太郎 瀬川菊之丞 谷口高史 橋本一郎 鍛治田務 平八郎 河田康雄 東田達夫 麻生裕介 楠年明 坂本真衣 平井靖 立川貴博 伊藤洋三郎 田村ツトム 柴田裕司 金子珠美 多賀勝一 野間口徹 小林トシ江 荒木悠司

【武士の家計簿】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です