映画【八日目の蝉】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【八日目の蝉】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画八日目の蝉】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【八日目の蝉】フル動画配信情報

映画【八日目の蝉動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【八日目の蝉】を無料視聴できますよ。

みるみる

こちらは2021/08/25時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。
配信会社 八日目の蝉】配信状況 動画
配信あり
(見放題)
配信あり
(見放題)
配信あり
(見放題)
配信あり
(見放題)
配信あり
(見放題)
配信あり
(見放題)
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税込)
公式サイト
無料お試し期間
20万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,659円
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ・見逃し配信
1,026円
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
550円
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300P取得可能
976円
AmazonPay&クレカで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【八日目の蝉】のあらすじ

野々宮希和子(永作博美)は不倫相手の秋山丈博(田中哲司)の子供を妊娠するが、秋山の説得により中絶する。しかしそのことで希和子は子供の産めない身体になってしまい、さらには秋山の妻である恵津子(森口瑤子)に罵倒される。しばらくして丈博と恵津子の間に子供が生まれたことを知った希和子はその子供を殺そうとするが、自分に微笑みかける赤ん坊を見て思いとどまり、衝動的にさらって自分の子供として名前を付けて育てることにする。二人は逃亡を重ねながらも親子として情を深め合っていくが、その逃亡も長くは続かなかった。

映画【八日目の蝉】の見どころ

みるみる
みるみる

本作は角田光代による小説が原作で、先行してNHKでドラマ化もされている人気作です。

中絶した子供の父親である不倫相手の子供をさらって自分の子として育てるという特殊な疑似親子関係の中で「母性」が一つのテーマとして描かれています。

タイトルにある「八日目の蝉」とは蝉が七日間しか生きられないという逸話からで、それに倣うように物語は大きく二部の構成に分かれており、二部はある意味ではまさに七日間生きた蝉のその後、の描写でもあります。

みるみる
みるみる

誘拐というサスペンスを下敷きにしながら、親子の情というものに重きを置いて描かれている作品です。
本作で、第35回 日本アカデミー賞(2012年)最優秀作品賞に輝きました。

【八日目の蝉】
フル動画を観る

映画【八日目の蝉】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【八日目の蝉】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

どの登場人物に感情移入するかで全く変わる映画

伊井坂・37歳・専業主婦
伊井坂・37歳・専業主婦

物語は子供を誘拐した希和子をメインに映しながら進みますが、二児の母親である私としては、「子供を夫の愛人に誘拐された挙げ句、数年後にようやく発見された時には子供は誘拐犯の方に懐いていて、実の母親である自分が拒絶されてしまう」という悲劇に見舞わられる恵津子に感情移入してしまって、苦しかったです。

愛する人の子供を産むことを許されなかった希和子、母親としての幸せを奪われた恵津子、そして母親が誘拐犯だったと知る薫。

どの登場人物に感情移入するかで、受け取り方が全く変わってくる映画だと思います。

評価は⇒
(4.0)

母親になりたかった女性の悲しい気持ちが全面的に伝わる

ぴいこ・31歳・パート
ぴいこ・31歳・パート

母親になりたかった女性の悲しい気持ちが全面的に伝わってきました。
誘拐をしてまでも子供が欲しかった気持ちもわからなくはないなとも思いました。
女の子は母親になついているのにいつかは離れてしまうのではないかとビクビク生活をするのは恐怖との戦いです。
それでも、この子にママと呼ばれている快感が女性にとってはホッとするんだと思いました。
一人で見ているお祭りよりも子供と見ているほうが気持ちが楽になるんだろうなとも思いました。

評価は⇒
(5.0)

血のつながりが親子なのか、生活を共にすれば親子なのか

ほのか・28歳・フリーランス
ほのか・28歳・フリーランス

この作品は、親子について深く考えさせられる映画です。
誘拐というひとつの事件ではありますが、その誘拐によって生まれた親子が私には本物にしか見えませんでした。

血のつながりが親子というものなのか、生活を共にすれば親子なのか。
そういったことを考えて、見終わった後に母親に会いに行きたくなりました。

主演の二人の演技はもちろん素晴らしいものでしたが、この作品は子役が多く出演しています。
その子たちの演技も喜怒哀楽が直接伝わってきて、胸を打つシーンが多く、とても印象に残っています。

評価は⇒
(4.0)

ラストシーンで号泣してしまいました

たけし・54歳・会社員
たけし・54歳・会社員

この映画は、主人公のお父さんの愛人により誘拐され、愛人と主人公が日本中を逃げまくるちょっと複雑な話でしたが、主人公と愛人の間の愛情が深いところがとても感動しました。

この映画の中では、主人公が犯罪者に育てられたという事実に振り回されます。
また、後半シーンでは犯罪者である愛人が、彼女を解放するのですが、彼女が警察に捕まるシーンは涙しました。

とくに、ラストシーンでは「《—–ネタバレにつき割愛—–》」と育ての親の犯罪者の母が語るところは号泣しました。

評価は⇒
(4.0)

衝撃的な始まり方に最初から引きずり込まれた

通りがかりのねぼすけ・29歳・無職
通りがかりのねぼすけ・29歳・無職

土砂降りの雨の中、不倫相手の子供を奪いうという衝撃的な始まり方に私は最初から引きずり込まれていきました。

後に子供は無事保護されたのですが犯人を母親だと信じたためトラウマを抱えて育ったという複雑な心情を井上真央が好演、また犯人を演じた永作博美、共通の過去を持つ小池栄子などそれぞれ良かった。

かすかな記憶を辿って決着をつけようと自分の過去に向き合う旅に出るのですが、その逃亡中の回想と現実が交互にうまく描かれていて私の好奇心がさらに強くなっていきました。

美しい自然の小豆島で迎えたクライマックスでは、あふれる涙が止まりませんでした。

評価は⇒
(5.0)

果たして犯罪者だけを裁くことで解決する問題なのか

kei・33歳・会社員
kei・33歳・会社員

愛する事の大切さを感じさせる映画でした。
世間一般に言う「親」と「子」というのもは、血の繋がりだけなのか、子供が成長していく過程で、子供が愛を感じられる家庭・感じられない家庭。果たしてどちらの家庭に居る事が子供にとって幸せであり、その子の成長に繋がっていくのだろう。
と悩まされました。

法を犯すことはいけませんが、果たして犯罪者だけを裁くことで解決する問題なのか。非常に考えさせられます。

キャスト陣の演技も、クライマックスが迫るにつれ、非常に見ている側も緊張感が増してくるような迫真の演技が魅力的で、吸い込まれそうになる映画です。

評価は⇒
(4.0)

映画【八日目の蝉】キャスト・作品情報

映画【八日目の蝉】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2011年 製作国:日本 上映時間:147分

《監督》

成島出

《原作》

角田光代

『八日目の蝉』

《脚本》

奥寺佐渡子

 

《キャスト》

井上真央 小池栄子 森口瑤子 田中哲司 渡邉このみ 吉本菜穂子 稲葉菜月 市川実和子 余貴美子 平田満 風吹ジュン 劇団ひとり 田中泯 永作博美 相築あきこ 別府あゆみ 安藤玉恵 安澤千草 ぼくもとさきこ 畠山彩奈 宮田早苗 徳井優 吉田羊 瀬木一将 広澤草 井上肇

【八日目の蝉】
フル動画を観る