映画【海を駆ける】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【海を駆ける】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画海を駆ける】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【海を駆ける】フル動画配信情報

映画【海を駆ける動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【海を駆ける】を無料視聴できますよ。

みるみる
みるみる

こちらは2020年7月27日時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。

配信会社 【海を駆ける】配信状況 動画
配信あり(見放題) 動画
配信あり(見放題) 動画
配信あり(見放題) 動画
配信なし  
配信あり(見放題) 動画
配信あり(※要料金) 動画
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税抜)
公式サイト
無料お試し期間
14万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
U-NEXT
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,417円
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円(税込)
Amazonプライム
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ・見逃し配信
933円
Hulu 
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
500円
 dTV
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300P取得可能
888円
 【フジテレビオンデマンド】
AmazonPay&クレカで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【海を駆ける】のあらすじ

戦争や津波による被害の爪痕を残す土地、インドネシア・スマトラ島のバンダ・アチェ。

そんな土地で、息子のタカシ(太賀)と共にインドネシアに移住して、NPO法人で災害復興の仕事をしながら暮らしている貴子(鶴田真由)。

ある日、街の海岸に、日本人とみられる身元不明の一人の男性(ディーン・フジオカ)が倒れているところを発見される。
カタコトの日本語やバハサインドネシア語を話す、正体不明の男は、記憶喪失と思われラウと名付けられた。

映画【海を駆ける】の見どころ

みるみる
みるみる

「淵に立つ」などの深田晃司が監督、脚本を務めるオリジナル脚本による作品です。

戦争や、地震による津波の爪痕を残すインドネシアを舞台に、様々な人種や宗教や国籍を超える人々の姿を描くファンタジードラマ作品となっています。

撮影は津波被害を受けたバンダ・アチェでの撮影はもちろん、映画前編インドネシアオールロケーションとなっており、現地の俳優陣も起用しています。

みるみる
みるみる

日本の俳優陣はインドネシア語を勉強しながらの撮影となりました。

【海を駆ける】
フル動画を観る

映画【海を駆ける】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【海を駆ける】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

ラストシーンも含めて全てのシーンが心に深く残る作品

テン子・28歳・会社員
テン子・28歳・会社員

超能力のような不思議な力を持つ男性が登場し、魚や、植物、人の生死を操れるみたいで、目的が何なのか、どういう順位で命を扱っているのかよく意味が難しいと感じられる所がありました。

瞬間移動のシーンにとても驚きました。
海の上を走ったと思ったら消えちゃいました。

映画の舞台がスマトラ地震の被災地であるパンダ・アチェが舞台になっていました。
2004年にインドネシアスマトラ島の地震があり、津波で被害を受けたりして大変だった場所でした。
不思議なテイストであり、ファンタジーな感じの映画でした。

評価は⇒
(4.0)

まさか、ファンタジーとは!

まい3・36歳・主婦
まい3・36歳・主婦

ラウが何者なのかは結局わからなかったけど、それでもなんとなくの手がかりはあって、あなたたちに解釈は任せます系の作品でした。

最初はそんなファンタジーものだと思っていなかったので、びっくりしました。
インドネシアが舞台なのですが、キャストのみなさん、現地の言葉がすごくうまくてびっくりしました。

ディーン・フジオカさんはもともと喋れるそうなので、さすがだなと思いました。
日本とは雰囲気の違う場所で、私も行ってみたいと思いました。

評価は⇒
(3.5)

懐かしい気持ちになる映画

るい・32歳・アルバイト
るい・32歳・アルバイト

淡々と進むストーリーの中でインドネシアと日本のハーフのタカシ役を演じていた太賀さんの自然な演技が光っていました。

流暢なインドネシア語を話す姿が本当に現地の人のようでした。
いい役者さんだなと再確認できました。
想像と違った不思議な展開でしたが、ファンタジーのような要素があり観終わった後どこか懐かしく優しい気持ちになりました。

タイトルの通り海を駆けるシーンがキラキラしていて素敵でした。
インドネシアの人々や綺麗な自然の風景が心地良い映画でした。

評価は⇒
(4.5)

映画【海を駆ける】キャスト・作品情報

映画【海を駆ける】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2018年 製作国:日本 上映時間:107分

《監督・脚本》

深田晃司

《キャスト》

ディ-ン・フジオカ 太賀(仲野太賀) 阿部純子 アディパティ・ドルケン セカ-ル・サリ 鶴田真由

【海を駆ける】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です