映画【去年の冬、きみと別れ】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【去年の冬、きみと別れ】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画去年の冬、きみと別れ】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【去年の冬、きみと別れ】フル動画配信情報

映画【去年の冬、きみと別れ動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【去年の冬、きみと別れ】を無料視聴できますよ。

みるみる
みるみる

こちらは2020年5月24日時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。

配信会社 【去年の冬、きみと別れ】配信状況 動画
配信あり(※要ポイント) 動画
配信あり(※要ポイント) 動画
配信あり(※要料金) 動画
配信なし  
配信あり(※要料金) 動画
配信なし  
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税抜)
公式サイト
無料お試し期間
14万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
U-NEXT
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,417円
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円(税込)
Amazonプライム
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ・見逃し配信
933円
Hulu 
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
500円
 dTV
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300P取得可能
888円
 【フジテレビオンデマンド】
AmazonPay&クレカで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【去年の冬、きみと別れ】のあらすじ

記者・耶雲恭介(岩田剛典)は、若手ゆえ仕事に燃え、取材にのめり込み、時には無茶なこともしてしまう。そんな耶雲を心配しつつも支えてくれる恋人・松田百合子(山本美月)。2人は、結婚を間近に控えていた。今、耶雲はある事件を追っている。それは天才カメラマン・木原坂雄大(斎藤工)が、盲目の吉岡亜希子(土村芳)を、目の前で焼死させた容疑として逮捕されている事件。既に執行猶予付きの判決により裁判は幕を閉じていたが、耶雲は木原坂に近づいた。そして事件の真相を掴むかと思った矢先……。

映画【去年の冬、きみと別れ】の見どころ

みるみる
みるみる

2018年に公開された日本映画です。

「グラスホッパー」「脳男」などを手掛け、他作では東京国際映画祭日本映画ある視点部門作品賞、特別賞受賞経験のある瀧本智行監督です。

猟奇的な殺人事件の容疑者と、その事件を追う記者の予測不能な闘いが繰り広げられるサスペンスです。

原作は「教団X」でも知られる中村文則さんによる2013年に出版された同名小説となっており、主演には甘いマスクの岩田剛典さんが挑戦されています。

みるみる
みるみる

共演陣にも山本美月さん、斎藤工さん、北村一輝さんと豪華メンバーとなっています。

【去年の冬、きみと別れ】
フル動画を観る

映画【去年の冬、きみと別れ】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【去年の冬、きみと別れ】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

久々に予想できないサスペンス映画を観ることができた

みーな・28歳・パート主婦
みーな・28歳・パート主婦

キャストを見て、そんなに魅力を感じていませんでしたが、口コミがいいためいざ視聴すると面白かったです。

久々に予想できないサスペンスミステリー映画を観ることができました。

後半にかけて、展開が早く予想を裏切られ「ああ、そういうことだったのか」と伏線が回収されていく様子はとても気持ち良かったです。

斎藤工さんの狂気じみた演技はリアルで、少し苦手になりそうです(笑)。
展開がドキドキするので、そういう系が苦手な方は夜に1人で視聴するのはあまりオススメしません!

評価は⇒
(4.0)

ドンデン返し系の作品、どこまでが本当か嘘がわからなかった

mac.c・36歳・会社員
mac.c・36歳・会社員

本来ならこういうドンデン返し系の作品は主人公の精神疾患でした、というオチがほとんどなのですが、そこにオチを作らずに最後の最後まで一体誰と誰がつながっていで、どこまでが本当でどこまでが嘘だったのかを全く気取らせない作品でした。

主人公役の岩田剛典さんが徐々に「真相(本当は真相ではない)」に迫っていくに連れて緊迫感を持った演技になるのが、観ていてかっこよいなと素直に思えました。
また、斎藤工さんもさすがの芸術肌の役をやらせると顔が映えます。

評価は⇒
(4.5)

最初から最後までハラハラ、ラストが衝撃的

ゆこん・27歳・美容師
ゆこん・27歳・美容師

寡黙で賢そうな主人公が、本を出版するために未解決事件について調査します。
その仕事を心配そうに見守る彼女。
主人公は怪しいカメラマンに近づき、カメラマンは彼女に近づこうとします。

初めは「誰が犯人なんだろう」と考えながら見ますが、だんだん謎が分かってきます。
最初から最後までハラハラしますが、ラストに待ち受けるどんでん返しは衝撃でした。

人間は復讐のためならどこまでも出来るんだなって思わされました。
斎藤工さんと北村一輝さんの演技力が輝いてました。

評価は⇒
(4.5)

後半は驚くことだらけ、結末までわくわくが止まりません

まー・28歳・会社員
まー・28歳・会社員

とても面白い映画でした。
鮮やかなストーリーで、映像がとても美しく綺麗で、芝居がかなり洗練されていました。
構成がとても良くて、クオリティーが高い映画だと思いました。
脚本と、キャスティングがかなりよく練られていました。

話しの後半では、驚くことだらけでした。
結末までは話しが長いと思いましたが、わくわくが止まりませんでした。
全然退屈しない映画でした。

全体的なストーリーの構成が最後までしっかりまとまっていたと思いました。

評価は⇒
(4.0)

映画【去年の冬、きみと別れ】キャスト・作品情報

映画【去年の冬、きみと別れ】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2018年 製作国:日本 上映時間:118分

《監督》

瀧本智行

《原作》

中村文則

《脚本》

大石哲也

《キャスト》

岩田剛典 山本美月 斎藤工 浅見れいな 北村一輝 土村芳 矢島健一 Mummy-D 利重剛 小林且弥 沢田幸吉 山田明郷 堀内正美 林泰文 永倉大輔 毎熊克哉 松田珠希 円城寺あや でんでん

【去年の冬、きみと別れ】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です