映画【舟を編む】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【舟を編む】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画舟を編む】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【舟を編む】フル動画配信情報

映画【舟を編む動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【舟を編む】を無料視聴できますよ。

みるみる
みるみる

こちらは2020年5月7日時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。

配信会社 【舟を編む】配信状況 動画
配信あり(見放題) 動画
配信あり(見放題) 動画
配信あり(要料金) 動画
配信なし  
配信あり(見放題) 動画
配信なし  
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税抜)
公式サイト
無料期間
14万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
U-NEXT
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,417円
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円(税込)
Amazonプライム
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
933円
Hulu 
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
500円
 dTV
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300ポイント付
888円
 【フジテレビオンデマンド】
AmazonPayで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【舟を編む】のあらすじ

玄武書房の営業部に勤める馬締光也(松田龍平)。
部内では変人扱いされていたが、人とは違う独特の言葉のセンスを買われ、辞書編集部に迎えられた。
個性的な面々が揃う辞書編集部で、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の編纂に没頭していく馬締。
一方で、馬締は、大家の娘・香具矢(宮崎あおい)に恋心を抱く。
言葉のプロであるはずの馬締だったが、香具矢に自分の思いを伝える言葉を見つけられず……。

映画【舟を編む】の見どころ

みるみる
みるみる

2012年本屋大賞第1位、三浦しをん著の同名小説を、馬締役で松田龍平さん、香具矢役で宮崎あおいさんで映画化。

メガホンを取ったのは、「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の石井裕也監督。

みるみる
みるみる

本作は、第86回アカデミー外国語映画賞の日本代表作品に選出。
第37回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞などを受賞しました。

【舟を編む】
フル動画を観る

映画【舟を編む】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【舟を編む】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

辞書を作る人々の熱い思いと暖かさに、胸をうたれた

もちうさぎ・54歳・主婦
もちうさぎ・54歳・主婦

ハラハラドキドキや、どんでん返しなどがあるわけではなく、ただ淡々と進んでいく内容なのですが、全体に漂う静かな心地良い空気感がとても素敵な作品だと思いました。

辞書を作る人々の熱い思いと暖かさに、胸をうたれました。
辞書を作り上げることが、これほど大変な事なのだと初めて知りました。

松田龍平さんが、馬締光也を自然体で演じていてはまり役だと思いました。
まさに、辞書を作るために生まれてきた男という感じを見事に演じていて素晴らしかったと思いました。

オダギリジョーさんが、すごくいい味を出していて存在感が際立っていたと思いました。
それぞれのキャラクターが丁寧に描かれていて、とても優しい気持ちになれる映画でした。

評価は⇒
(4.0)

辞書編集部が舞台、今までになくとても新鮮

小枝・45歳・フリーランス
小枝・45歳・フリーランス

辞書編集部が舞台の物語なんて今までになくとても新鮮な舞台だなと思いました。

世の中に辞書が存在しているのだからそれを作る側の人達が存在するのは当たり前なのに、なんだか密やかな場所のような気がして、世間から少し離れた場所での出来事のように感じる映画でした。

主人公の馬締の世間から少しズレている雰囲気も良かったです。
特に大きな事件が起きること訳でははく、粛々と辞書作りが進む様子が描かれていて心が落ち着く映画です。

評価は⇒
(4.0)

言葉の海に静かに浸る映画

amurita・38歳・自営業
amurita・38歳・自営業

とある出版社の辞書編集部の辞書作りに挑む姿を描いた作品。
このように書くと、とても地味な映画のように感じますが原作の小説が本屋大賞を獲得した作品でもあり、とても奥深く染み込むような不思議な魅力がある映画です。

編集部員の日常を通した、何気ない言葉を相手にするということがどういう意味なのかがわかるのですが、例えば「右」を言葉で誰もが間違えずわかる説明をしろと言われたらどうなるのか。

映画の中でそこにふれているのですが、なるほどと納得してしまいました。
言葉の海に静かに浸る映画で出演されている俳優さん、女優さんも素敵なオススメな映画です。

評価は⇒
(4.0)

【舟を編む】
フル動画を観る

松田龍平と宮崎あおいがぴったり!原作小説より映画が好き

mino・22歳・学生
mino・22歳・学生

独特の空気感がすごく魅力的な映画だと思います。
しっとりとしていて、本の匂いがしてきそうな、少し懐かしさを感じるような暖かさを感じることできます。

松田龍平さんと宮崎あおいさんという組み合わせがこの上ないくらい、この映画にぴったりなんではないかなと思わされます。

辞書作りの過程など、知らないことを知ることができるのもよかったです。
この映画を見た後に感動して、原作小説にも手を伸ばしましたが、個人的には映画の方が好きと思うくらい、この映画は素晴らしかったです。

評価は⇒
(5.0)

映画を見ることで、言葉の大切さがよくわかった

たけし・54歳・会社員
たけし・54歳・会社員

この映画は、真面目な主人公が辞書を作る部署に配属されますが、これは、リストラのための嫌がらせか?と思いましたが、そんな部署の中で、主人公自身が辞書を作ることにのめり込んでいく様子が、爽やかな印象を受けます。

この映画を見ることで、言葉の大切さをよくわかりました。

主人公のキャラクター設定が、天然でコミカルなところが少し笑えます。
また、ヒロインである宮崎あおいさんの登場も重要でした。
彼女は自ら働きながら彼氏の主人公を支える様子がとても爽やかでした。

評価は⇒
(3.5)

松田龍平の淡々とした演技、独特な雰囲気が映画にピッタリ

すぎ・44歳・会社員
すぎ・44歳・会社員

【舟を編む】を見て、松田龍平さんの淡々とした演技と独特な雰囲気が、この映画の内容にピッタリでこれ以上ないというくらいピッタリな役だと思いました。

辞書編集というあまり知られていない仕事について、ここまで詳しく描いたのは凄いなと思いました。
描き方によったら単調な映画になってしまうと思いますが、そうしない所に監督と主演の松田龍平さんの凄さが感じられました。
辞書に使う紙の開発の場面なども面白かったです。

めくりやすい辞書の紙にそれほどまで拘って作られているんだなと感心しました。
職人の魂ともいうものをこの映画から感じられて面白かったです。

評価は⇒
(4.0)

映画【舟を編む】キャスト・作品情報

映画【舟を編む】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2013年 製作国:日本 上映時間:133分


《監督》

石井裕也

《原作》

三浦しをん

《脚本》

渡辺謙作


《キャスト》

松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー 黒木華 渡辺美佐子 池脇千鶴 鶴見辰吾 伊佐山ひろ子 八千草薫 小林薫 加藤剛 宇野祥平 森岡龍 又吉直樹 斎藤嘉樹 波岡一喜 麻生久美子

【舟を編む】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です