映画【何者】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【何者】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画何者】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【何者】フル動画配信情報

映画【何者動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【何者】を無料視聴できますよ。

みるみる
みるみる

こちらは2020年4月27日時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。

配信会社 【何者】配信状況 動画
配信あり(見放題) 動画
配信あり(要ポイント) 動画
配信あり(見放題) 動画
配信なし  
配信あり(要料金) 動画
配信あり(要ポイント) 動画
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税抜)
公式サイト
無料期間
14万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
U-NEXT
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,417円
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円(税込)
Amazonプライム
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
933円
Hulu 
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
500円
 dTV
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300ポイント付
888円
 【フジテレビオンデマンド】
AmazonPayで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【何者】のあらすじ

就職活動の情報を交換するために集まったのが二宮拓人(佐藤健)、田名部瑞月(有村架純)、神谷光太郎(菅田将暉)、宮本隆良(岡田将生)、小早川理香(二階堂ふみ)たちの5人。

就職活動に挑む彼らは、ボランティアにサークル活動、SNSを駆使して戦いのような日々を送っていた。
そして企業に入ることで何者になれるのかと、さまざまな悩みや疑問に立ち向かいながら日々を共に過ごす5人が居た。

しかしだんだん関係が変化し苛立ちや嫌悪を表し始め、ついに内定者が出たことで彼らの本音が出てくるのであった。

リアルな就職戦線を描きつつ、心の弱さを痛感していく彼ら。
「自分は何者なのか」と再び自分も見つめ直すようになっていく。

映画【何者】の見どころ

みるみる
みるみる

『何者』は、朝井リョウさんが書き下ろした小説で、第148回直木賞受賞作品です。

佐藤健主演で映画化、監督、脚本を務めたのは「愛の渦」などの代表作で知られる三浦大輔監督。

有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生といった今を代表する若手の実力派が揃っているのも魅力の一つです。

そして先輩役のキーマンには山田孝之が出演と豪華キャストも見どころ。

みるみる
みるみる

主題歌や劇中歌を中田ヤスタカがプロデュースして、主題歌の作詞は米津玄師が担当してます。
若手クリエイターの二人が作り上げた音楽もこの映画の注目ポイントです。

【何者】
フル動画を観る

映画【何者】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【何者】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

リアルな心情、複雑な若者の行動や言葉選びが印象的

きなこ・19歳・大学生
きなこ・19歳・大学生

人間のリアルな心情が描かれていて、複雑な若者の行動や言葉選びが印象的でした。

ネット社会に生きている今の学生、匿名でなら言えるという日本人の特性が直球に表れていました。
実際に彼らと同じくらいの年であるし、これから彼らと同じように就活を行う身としては不安になる部分もありました。
他人と争わないといけないマウントの取り合い、日常でもありますが、就活となると結果がすべてであるため、どうしても感情が大きく交差します。

とても印象に強く残るという映画ではなかったですが、ふとしたときに思い出す作品です。

評価は⇒
(3.5)

就活を控える学生、就活中の学生にぜひ見てほしい映画

JORN・21歳・学生
JORN・21歳・学生

この作品はを一言で述べると「醜さ」。
これしか私は感じなかった。

この作品のテーマである就活という一つのイベントの中で求められる一種の集団行動。
髪型、スーツ、形式ばった言葉。
その道から外れると異端の目で見られる。

主人公自身はそんな世の状況を第三者目線で見る観察者のような立ち位置だ。
そしてこの主人公に対して同情してしまう。

私もこの文章を書いているときは就活時期であると同時に私も就活生である。
この映画はこれから就活を控える学生、就活中の学生にぜひ見てほしい。
改めて自分と他人の違いを見直すという観点でためになるかもしれない。
自分は「何者」で、他人は「何」なのか…

評価は⇒
(5.0)

表面は仲良くても裏はドロドロ、人間関係をわかりやすく表現

マサっと・21歳・学生
マサっと・21歳・学生

何者という映画は、現在のSNSの怖さや扱い方の注意なども教えてくれる映画です。

就活を頑張る日々にシェアルームで、出会った人たちと情報交換や協力などして、助け合っていくと思いきや、SNSに悪口を書き込んだり、その悪口を書かれていることに気づいておきながら、様子を見たり。

表面的には、仲良さそうなイメージだが、裏では、ドロドロな人間関係をわかりやすく表現している映画だと思います。

主演も佐藤健など演技派な俳優、女優なので、一段とリアルさが増し、見ててハラハラする展開を楽しめると思います。

評価は⇒
(3.5)

一見若者を突き放すようで、最後まで観ると勇気づけられる

ネス・19歳・学生
ネス・19歳・学生

この映画を観たのは4年程前になりますが、当時上映開始の報せを聞いて嬉々として観に行ったことを覚えています。

以下、感想を書いてみたいと思います。

「何者」は就活をテーマとして扱い、それを通して若者の欲求や利己的な一面、自意識を描いた作品でした。
就活をテーマとしているだけあって、就活シーンには力が入っていました。
最終面接の空気感はこれから自分も経験するのかと思うと、既に緊張感や不安感に襲われます。

そして主人公たちの中でも夢を諦め一般企業に内定する者、叶うかわからない夢を追い続ける者など進路は十人十色。

一見、若者を突き放すように感じますが、最後まで観ると逆に勇気づけてくれる不思議な映画でした。

評価は⇒
(4.0)

映画【何者】キャスト・作品情報

映画【何者】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2016年 製作国:日本 上映時間:97分


《監督》

三浦大輔

《原作》

朝井リョウ

《脚本》

三浦大輔

《プロデュース》

川村元気


《キャスト》

佐藤健 有村架純 二階堂ふみ 菅田将暉 岡田将生 山田孝之

【何者】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です