映画【おくりびと】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【おくりびと】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画おくりびと】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【おくりびと】フル動画配信情報

映画【おくりびと】は、Paraviで観ることができます。

 

Paraviには、2週間無料体験期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【おくりびと】を無料視聴できますよ。

※こちらは2020年5月時点の情報で、配信・無料プラン終了・変更などの可能性もあります。
最新の配信状況は、Paravi公式サイトにてご確認ください。

Paraviで観る

映画【おくりびと】のあらすじ

チェロ奏者であった小林大悟(本木雅弘)は、楽団の解散により職を失ってしまう。大悟は妻の美香(広末涼子)と共に故郷の山形へ帰り、職を探すが、勘違いから納棺の仕事を行う会社に再就職することになってしまう。時間の経った遺体の扱いなど酷い経験もありながら、やりがいも感じはじめていた大悟だったが、妻も含めて仕事に対する周りの偏見は根強い。大悟も思い悩むが、社長の佐々木(山崎努)の真摯な仕事ぶりに触れるうちに仕事の大切さを知るようになっていく。

映画【おくりびと】の見どころ

みるみる
みるみる

モントリオール世界映画祭グランプリやアカデミー賞外国語映画賞など、権威ある数々の映画賞を受賞したことで話題になりました。

納棺師という、あまり表に出ることのない職業にスポットライトを当て、人の死の向き合うとはどういうことなのか、というテーマに挑んだことで評価されています。

主演の本木雅弘さんが演じる納棺師としての所作は美しく、映画の見どころの一つになっています。

みるみる
みるみる

死者を葬る、という、合理性を考えれば必要を疑われることも多い行為に、本木さんの所作が説得力を持たせています。

【おくりびと】
フル動画を観る

映画【おくりびと】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【おくりびと】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

昔は泣けなかったところでポロポロと涙が溢れてきた

キャリー・29歳・専業主婦
キャリー・29歳・専業主婦

まだ学生の頃に見ましたがすごく印象に残っています。
あの頃はまだよくわからないまま、見た記憶げありますが、最近になって動画配信サービスで改めて見たところ、昔は泣けなかったところでポロポロと涙が溢れてきて、自分でも驚きました。

また、凄い職種だな、と日々このお仕事をされている方がいらっしゃるんだ、と考えると感服しました。
山形の雪景色も素晴らしく、独特な葬儀の感じなどもひしひしとつたわり、また見返したくなりました。
大切に見直していきたい作品。

評価は⇒
(3.0)

納棺師という職業を世間に知らしめた歴史的な名作

年寄りの冷や水60・60歳・自由人
年寄りの冷や水60・60歳・自由人

納棺師という職業を世間に知らしめた歴史的な名作。

人間いずれは誰でも死にます。
しかし、すべての人が幸せに死ねるとは限りません。
中には不幸な死を迎える人もいる。病気で亡くなる人、事故で亡くなる人、あるいは犯罪に巻き込まれる人、そのような人達を綺麗に美しくして、天国に送り出してあげる素晴らしいプロの職人をえがいた見事な作品、このような職業があったことにまず驚き、なぜ今まで知られていなかったのか、おそらくタブーだつたのでしょう。

この映画を作った会社、監督、制作、俳優たちに拍手を送りたい。

評価は⇒
(5.0)

本木雅弘の美しい所作に引き込まれる

もちうさぎ・54歳・主婦
もちうさぎ・54歳・主婦

とにかく本木雅弘さんの、1つ1つの動作が素晴らしく全くセリフがなく動作だけなのですが、所作の美しさに引き込まれてしまいました。

「実は納棺師の仕事に就いたんだ」と夫から告げられた時の、妻役の広末涼子さんの表情が何とも複雑な気持ちがこめられていてすごいと思いました。

自分が同じ立場だとしたら、人の死を見送る神聖な仕事なのですが、自分の夫がその仕事を選択したとしたら詳しいことがわからなければ、私も複雑な気持ちになるだろうと感じました。

全体に静かで厳かな空気感が漂っていてとても味わい深い作品だと思いました。

評価は⇒
(4.0)

”生”と”死”深いストーリーながらも笑ったり泣いたり

かに同士・40歳・フリーランス
かに同士・40歳・フリーランス

『おくりびと』という単語を聞いただけで、久石譲さんが作曲した劇中のメインテーマ曲が必然的に頭を流れてきます。
チェロの優しい音色と壮大な曲の世界観が、この作品をより素晴らしいものにしたのではないでしょう。

”生”と”死”を取り扱った深いストーリーながらも、コミカルな場面も散りばめられていて、笑ったり泣いたり。
でも涙の比重の方が大きく、ラストの展開では嗚咽を抑えるのに必死でした。

ちなみに一番のお気に入りのシーンは、社長の佐々木が主人公の大悟に「一番いいの(棺桶)を持って行け」というニュアンスのセリフを放つシーンです。
じーんとしました。

評価は⇒
(4.5)

もう一つアクションが欲しい、良くも悪くもなかった

suspender・33歳・会社員
suspender・33歳・会社員

一見感動的な話に見えるのですが私としては今ひとつというか、もう一つアクションが欲しいと感じた映画でした。

やはりこれだけでは何か物足りないというか感動の押し売りをしているような感じもある映画だったので、いまいちだったと言える映画だったかもしれません。

広末涼子さんは私としては良かったと思いますが、脇を固める人たちがあまり良くなかったのではないかと感じています。
星3位で悪くもなければ良くもないと言う感じの映画でした。

評価は⇒
(3.0)

【おくりびと】
フル動画を観る

素朴で包容力のある妻、広末涼子の演技にも注目

ほのか・28歳・フリーランス
ほのか・28歳・フリーランス

納棺師という仕事を、私はこの映画で知りました。
普段触れることのないこういったお仕事に関して、知ろうとしなければ知ることのできないというハードルがあるように感じます。

この映画は納棺師の仕事を知るうえでも素晴らしいと思います。
遺体を丁寧に扱う本木雅弘さんの手さばきはとても素晴らしかったです。

仕事に就いた当初の演技と、映画終盤での演技でのそういった動きの差は、一人の納棺師が葛藤し成長していく姿を本当に観ているような感覚になりました。

主人公を支える奥さんを演じた広末涼子さんの演技も、素朴な女性でありながら、包容力のある強い印象を受けて良かったです。

評価は⇒
(3.0)

一人前の納棺師となっていく姿は神々しさを感じる

通りがかりのねぼすけ・29歳・無職
通りがかりのねぼすけ・29歳・無職

まったく未知な納棺師という職業、人の死と向き合うには相当の覚悟がいる。
楽団のチェロ奏者だった主人公ではなおさらだろう、そして話を面白くしているのが素直に妻に言えないということだろう。
初めての仕事の後、妻が作った肉料理に、吐いてしまう心情はよく理解できる。
しかしその内に社長の出す、鳥の唐揚げの大皿をふたりでぺろりと平らげるシーンは対象的に描かれていて面白かった。

そして最後に訳アリの肉親の葬儀にかかわることで彼が一人前の納棺師となっていく姿は見ていて神々しさを感じる。
主人公に本木大輔、社長が山崎力、妻は末広涼子、と全体によく出来た映画だった。

評価は⇒
(5.0)

納棺師は尊敬すべき人であることを痛感

たけし・54歳・会社員
たけし・54歳・会社員

この作品は、私に初めて「納棺師」という仕事の存在を教えてくれました。
その職場で繰り広げられる、死者に対する儀式は、とても神聖なもので、映画を見終えると納棺師という仕事がとても重要で納棺師は尊敬すべき人であることを痛感しました。

主人公が、半ば騙された形で納棺師として働き始めるのですが、恥ずかしくて妻にもそのことを言えません。
それが、最終的には妻から理解を得られるところが感動しました。
また、最後に主人公が自分の父親を自ら納棺する様子は、涙してしまいました。

評価は⇒
(5.0)

葬儀の仕事にためらいあるイメージを持っていた自分が恥ずかしい

だいふく・26歳・会社員
だいふく・26歳・会社員

生と死を考えさせられる映画でした。
納棺士と言う職業があることをこの映画で知りました。
葬儀の仕事はなんとなく少しためらいがあるイメージだったのですが、この映画を見ることでそんなこと思っていた自分が恥ずかしくなりました。

亡くなった後であってもその人にとって一番綺麗な姿で送り出す、言い換えれば旅たちの準備を手伝うのが納棺士の仕事。
どんな仕事でも、他人からはどう思われても、自分だけは誇りを持って仕事をしなければいけないと思いました。

最初は暗い内容なのかなと思いましたが、実際は前向きで明るい作品でした。
音楽もシーンごとに合っており、自然と涙が出てきます。
素晴らしい作品でした。

映画【おくりびと】キャスト・作品情報

映画【おくりびと】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2008年 製作国:日本 上映時間:130分


《監督》

滝田洋二郎

《脚本》

小山薫堂


《キャスト》

本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 杉本哲太 峰岸徹 山田辰夫 橘ユキコ 吉行和子 笹野高史

【おくりびと】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です