映画【ここは退屈迎えに来て】フル動画観るならココ※無料配信情報

映画【ここは退屈迎えに来て】フル動画観るならココ※無料配信情報

みるみる
みるみる

こちらのページでは、映画ここは退屈迎えに来て】のフル動画が観れる動画配信&レンタル情報、あらすじ、見どころ、みんなのレビュー・評価などを紹介しています。

みるみる
みるみる

新規入会キャンペーンを利用すれば無料で視聴できますよ☆

映画【ここは退屈迎えに来て】フル動画配信情報

映画【ここは退屈迎えに来て動画フル視聴可能な配信&レンタルサービスです。
各サービスには、2週間~31日間無料トライアル期間があります。
お試し中の期間内に解約すれば料金は発生しないので、【ここは退屈迎えに来て】を無料視聴できますよ。

みるみる
みるみる

こちらは2020年5月12日時点の情報です。
配信終了、プラン・料金変更になる場合もありますので、最新の配信状況は、各動画サイトにてご確認くださいね。

配信会社 【ここは退屈迎えに来て】配信状況 動画
配信あり(見放題) 動画
配信あり(要ポイント) 動画
配信なし  
配信なし  
配信あり(見放題) 動画
配信なし  
みるみる
みるみる

要ポイント作品でも、お試し期間中もポイントがもらえる配信サービスであれば、実質無料になる作品多数😉👍

各動画配信サービスの月額料金無料お試し期間はこちら↓

配信会社 月額料金
(税抜)
公式サイト
無料お試し期間
14万本見放題
毎月1200円分ポイント付
2,189円
U-NEXT
31日間
600ポイント付
動画見放題&
定額レンタル8プラン
2,417円
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
30日間
1100ポイント付
会員特典対象の
映画・ドラマ・アニメ見放題
500円(税込)
Amazonプライム
30日間
6万本以上の
映画・ドラマ・見逃し配信
933円
Hulu 
2週間
12万本以上の
映画・ドラマ定額見放題
500円
 dTV
31日間
動画も雑誌も!
毎月1300P取得可能
888円
 【フジテレビオンデマンド】
AmazonPay&クレカで2週間
8,18,28日400ポイントget!
みるみる
みるみる

無料お試し期間後は、自動更新される配信サービスが多いです。
会員継続を希望しない場合は、お試し期間中に解約手続きしてくださいね☆

映画【ここは退屈迎えに来て】のあらすじ

27歳の「私」(橋本愛)は、何者かになりたくて上京したが、何者にもなれず、今は実家に戻りライターをしている。
なんとなく毎日を過ごす「私」は、高校時代の友人・サツキ(柳ゆり菜)と、当時、校内でカリスマ的存在だった椎名くん(成田凌)に会いにいくことに。
そんな椎名くんの元カノの「あたし」(門脇麦)は、とりあえず自分を好きでいてくれる遠藤(亀田侑樹)と付き合ってはいるが、今でも、椎名くんのことが忘れられず……。

映画【ここは退屈迎えに来て】の見どころ

みるみる
みるみる

高校時代、みんなの憧れだった「椎名くん」を軸に、大人になったそれぞれのキャラクターを交差させながら描く、ちょっぴり切ない青春群像劇です。

みるみる
みるみる

山内マリコの同名連作小説集を、恋愛映画の名手と称される廣木隆一監督が実写映画化。

みるみる
みるみる

「私」役を橋本愛さん、「あたし」役を門脇麦さん、椎名役を成田凌さんが演じています。

【ここは退屈迎えに来て】
フル動画を観る

映画【ここは退屈迎えに来て】みんなのレビュー・評価

みるみる
みるみる

映画【ここは退屈迎えに来て】を鑑賞した方のレビューをチェック♪

それぞれの登場人物の共感できるところがあった

さおり・32歳・派遣社員
さおり・32歳・派遣社員

最初、いろんな人がいろいろな時間軸で出てくるのでわかりにくかった。
車中の会話シーンも多く、タイトルにあるように、退屈な映画かも~、と思ってしまった(笑)

ただ中盤くらいから、成田凌くん演じる椎名くんが、みんなの間でどんな存在だったのかわかるようになってきて、物語が繋がっていき、おもしろくなってきた。

自分の高校時代を振り返っても、当時目立っていた子が今どうしてるのかな?って思うし、大人になった今の自分は輝けているのかな、と思うと、ちょっと複雑な気分に。

それぞれの登場人物の思いに共感できるところがあったけど、とはいえ、みんなまだまだ若いのでこれから輝いてほしいと思った。

評価は⇒
(3.5)

「えっ、えっ、え?」何度も繰り返す橋本愛が印象に残る

ここみ・29歳・会社員
ここみ・29歳・会社員

高校時代から20代後半までの時間軸の中で、田舎に住む若者たちのそれぞれが描かれています。

一度は都会に出たけど、帰ってきてしまった橋本愛さんは、高校時代憧れていた成田凌さんと再会を果たすのですが、最初はいい感じに思い出話しをしていたのに結局は……。

「えっ、えっ、え?」と何度も繰り返す橋本愛さん。
あのシーンが一番印象に残りました。

自分にとって思い出の相手でも、相手から見て同じとは限りませんよね。

他の登場人物たちのエピソードもどこかちょっとほろ苦いなぁと。
地味な映画ですがおもしろかったです。

評価は⇒
(4.5)

キャストは豪華だけど、今ひとつ、ふーんって感じ

KEN・39歳・フリーランス
KEN・39歳・フリーランス

う~ん。
ちょっとわかりづらいし、ふーんって感じ。
普通すぎる話しで新鮮味がなかった。

しかし、キャストは豪華だと思った。
橋本愛や門脇麦、成田凌、岸井ゆきのなど、若手でも実力のある俳優陣ばかり。

脇役に、瀧内公美やマキタスポーツ、ムラジュン(村上虹郎の父)など。
このメンツならもっと面白くなりそうなのに。

門脇麦の、昔いい男と付き合ってたけど、今は冴えない男と付き合ってる、あの痛々しさはよかった。

全体的には、悪くはないけど、今ひとつ、かな。

評価は⇒
(2.5)

成田凌に自分を重ねた、リアルに感じられる良い映画

ユースケ・26歳・会社員
ユースケ・26歳・会社員

成田凌の役を見てて、自分を重ねて複雑な気持ちになった。

といっても、自分はあれほど特別な存在ではなかったけど、それなりに部活や学業で活躍していたし、校内のイベントなんかも仕切っていた経験があり、高校時代が人生のピークだったから。

成田凌もあれだけ輝いていたのに、大人になったら普通の人になっている。
自分も今普通のサラリーマンとして社会生活を送っているが、当時のような輝きはない(と思う)。
それが悪いわけではないが、なんか小さくまとまっちゃったな、と。

だから、教習所でフツーに働く成田凌を見て、「自分と一緒だ」と思ってしまった。
基本、普通の人たちを描いているので、大きなストーリー展開はないけど、だからこそリアルに感じられる良い映画だと思う。

評価は⇒
(4.0)

映画【ここは退屈迎えに来て】キャスト・作品情報

映画【ここは退屈迎えに来て】フル動画観るならココ※無料配信情報

公開年:2018年 製作国:日本 上映時間:98分


《監督》

廣木隆一

《原作》

山内マリコ

《脚本》

櫻井智也

《主題歌》

フジファブリック


《キャスト》

橋本愛 門脇麦 成田凌 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳ゆり菜 瀧内公美 亀田侑樹 片山友希 木崎絹 マキタスポーツ 村上淳

【ここは退屈迎えに来て】
フル動画を観る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です